模型

大規模修繕をすれば住宅を長持ちさせることができる

マンションのメンテナンス

模型

請負業者の選び方

マンションを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスを行う必要があります。多くの場合10年から15年で大規模な改修を行います。このような大規模修繕工事はマンションの管理組合が発注することになりますが、工事の専門家ではありませんので、発注には工夫が必要となります。大規模修繕工事の発注の方法としては、建築設計事務所に設計管理を依頼して工事の全体を管理してもらう方法や直接請負業者に発注する方法などがあります。マンションの管理全体を業者に委託している場合には、その管理会社に大規模修繕工事を 依頼する方法もあります。もっとも効率的に大規模修繕工事を行う方法は、設計管理を委託して行う方法です。専門家を通すことによって無駄な工事を省いたり、工事費全体を抑制したりすることができます。マンションにどのような工事が必要なのか、そのための費用はどの程度かかるのか、どのような業者を選ぶべきなのかなど素人には判断ができない問題があります。設計管理会社を入れることによって、様々な場面で専門家の意見を受けることができます。最終的には、請負業者が工事をするわけですが、設計管理会社が請負業者と直接対応することで、マンション住民の意見を伝えやすくなるというメリットがあります。大規模修繕工事は定期的に行うことが必要ですので、2回目3回目の工事でも効率的に行うためにも、設計管理会社を入れるということも重要です。マンションの管理は長い目で見ることが必要なのです。