模型

大規模修繕をすれば住宅を長持ちさせることができる

修繕の費用を下げるために

作業員

定期的な修繕が必要です

気持ち良く生活を続ける上でもマンションの資産価値を下げないためにも、マンションの大規模修繕は必要不可欠です。そのときに気になるのはマンション大規模修繕工事業者に支払う費用です。それなりに大きな費用になることは納得できるでしょうが、出来る限り費用は抑えたいものです。マンション大規模修繕工事業者に支払う費用は、マンションの規模や修繕内容によって異なりますが、相場では戸数×100万円と言われています。50戸あるマンションでは、およそ5,000万円となる計算です。あくまでも相場になるため、マンションの劣化診断を受けた上でマンション大規模修繕工事業者に修繕を依頼してください。できるだけマンション大規模修繕工事業者に支払う費用を下げるためには、定期的な修繕工事をすることが大切です。修繕工事の回数が増えるとそれだけ費用が高くなると考えがちですが、目地のコーキング剤や防水資材はおよそ10年が耐用年数と言われています。耐用年数を過ぎた資材は劣化が急激に進み、雨漏りが発生してからでは高額な費用のかかる補修になってしまいます。また、足場を組まなくても修繕工事のできるマンション大規模修繕工事業者を選ぶのも効果的です。低層マンションでは足場を組んで修繕工事を行うことが慣例ですが、低層マンションでも足場を組まなくても修繕工事が行える業者があります。それぞれの業者からどの業者が適しているのかを見極めるために、見積もりを出してもらうのが良いでしょう。複数の業者に見積もりを依頼することで、どれぐらいの費用が必要であるかを把握することができ、業者選びに役立てられます。